紙幣の原料

紙幣の原料としての三椏

ジンチョウゲ科の背の低い木で、枝が3本ずつに分かれているところから、みつまたと呼ばれ、その皮はお札や和紙の原料となっており
私たちの生活に身近な植物でもあります。ネパールをはじめヒマラヤ連峰が原産地で、日本では四国・中国地方を中心に栽培・自生しています。